英語を活かした求人に応募するまで必要なことがあります。

    高校生のときから海外にずっと住んでいました。帰国した後は、英語を活かした求人情報をインターネットのサイトで探していました。アルバイトをしながら、いつかは英語を使う仕事をしたいとずっと思っていました。自分の英語力を証明するにはただ話せるだけでは証明できないと思うので、資格試験も受験しました。翻訳系の試験は難しかったですが、英語だけで書かれている試験については、難なく解答をすることができました。今では近所に住んでいる子供たちに、英語を教えながら、外資系企業で働きたいと思っています。ビジネス会話ができるようになりたいので、社会人が集まるサークルに入って週末には、経済ニュースなどについて語り合う会に参加しています。

    やはりただ英語ができるというだけでなく、普段の話し方についても、採用試験で見られると思うので、話し方教室にも行くようにしました。また、新聞を読んだり、ニュースを見たりと時事情報にも詳しくなることを目指しました。その結果、外資系会社に就職することができました。これからは、さらに社会で活躍できるように、色々なセミナーにも出席をしていきたいです。