英語を活かした求人の情報を探して就職した女性

    街を歩いている時に、英語で外国人観光客らしい人にガイドをしている人を見ました。その人を見て、英語を活かした求人の情報を探していた人のことを思い出しました。私は以前福祉センターで働いていました。そこでは色々なボランティアの人が集まります。そこで英語を小学生に教えるボランティアをしていた女性がいました。初めのうちは楽しくボランティア活動をしていたのですが、1年ぐらいした後にボランティアでなく仕事をしたいと話していました。

    彼女は自分の英語力を活かして、収入のあることをしたいというのです。私は家庭教師をしたり、塾講師をしたらどうかと話ましたが、それよりももっと大きな会社で貿易事務などをして、海外とのやり取りをしてみたいと言っていました。そこで彼女はボランティアの活動を終了として、コンビニエンスストアでアルバイトをしながら、就職活動を始めました。半年の就職活動の結果外資系企業で秘書になることができたのです。