英語を活かした求人に応募するにあたって

    世界の共通語として認識されている英語。この英語を得意とする方々を対象とした求人が多々あります。しかし、英語が得意といっても様々な得意があると考えられます。また、求人を出している側もどのような英語のスキルを生かしたいかは様々です。

    例えば、コミューニケーションのレベルが高い人、その中でも正確なイントネーションで会話することができる人求めているのか、もしくは、イントネーションはさほど問題にせず英語でディベートをする能力を求めてるのかによっても求められるスキルは異なります。

    また、会話ではなく記載の正確さを求められる場合もあります。翻訳等のスキルが求められる場合には、日本語を英語に翻訳する際に文意が変わらないように、センスの良い単語を当てはめることができるか否かの能力が問われます。そのため、英語を活かした求人に応募しようとする場合には、求人を出している側がどのような英語のスキルを求めているかを把握し、自分がいかにその能力を有しているかを効果的にアピールすることによって、採用を勝ち取りましょう。